脂肪燃焼スープダイエット

スープダイエットについてお伝えしていこうかと思います。ダイエットしたい!という女子は参考にしてね♪
MENU

脂肪燃焼スープダイエット

私は社会人になり、ストレスや食事を摂る時間が不規則になり、半年で5キロ位太ってしまいました。その当時、職場の先輩が脂肪燃焼スープダイエットをしていたので、やり方を教えてもらい、私も便乗してそのダイエット法をやってみる事にしました。

 

脂肪燃焼スープは1週間位まとめて作り置きしていました。脂肪燃焼スープは絶対に入れなければいけない食材があって、その他はプラスで入れても大丈夫です。その食材とは、キャベツにトマト、人参に玉ねぎ、セロリにピーマンに生姜です。

 

まず、昆布かかつお節でダシを取って、鶏ガラスープの素を加えます。それから野菜を煮込んで、味付けはコンソメでも味噌でもトマトスープやカレースープなど気分で変えました。最後に生姜をすって加えます。材料は他にささみやソーセージやじゃがいもやナスやキノコ類などを私は入れていました。

 

そして1日1食その脂肪燃焼スープを置き換えるのです。スープであれば何杯でも飲んで大丈夫です。それをし出して、もともと便秘ぎみで3.4日に1回しか出なかったのですが、ほぼ毎日出る様になりました。それを2.3ケ月続け4.5キロのダイエットに成功しました。そしてリバウンドもせずに維持する事が出来ました。

 

青汁でダイエットってほんとですか

世にはいろいろとダイエットというのがあって「えっ」とその方法を見て驚いてしまうものです。言い換えれば、この傾向が強くなると、ちょっとやそっとのことでは驚かなくなってしまいます。

 

「青汁ダイエット」には正直にいうと、あまり驚きがありませんが、「オイシイ」という気持ちが強く、モトが取れているかもしれません。

 

なぜなら、青汁というのは、野菜不足の現代人にビタミン等を補給するものという認識が広くあるからです。それが、さらにダイエットにもなるというのですからお得という気がします。

 

たぶん、食物繊維と関連があるのでしょう。どれくらい続ければいいのか少し気になります。一日にこの際三包くらい呑みたいものです。というのは、今も書きましたが、そもそもが野菜不足なのですから、朝昼晩の三食に青汁を伴わせて、栄養管理をしたいのです。

 

気分的な影響もあるでしょうか。ダイエット、健康というフレーズがたびたび頭に上ってくると、相乗効果で運動したり、甘いもの、脂っこいもの、間食等にも注意深くなります。なんか、いいことずくめみたいですけど、きっとお値段のほうも手頃なのでしょう。

 

体重計って、今は各家庭にあるものではないですが、先の相乗効果でお洒落な町の銭湯に行ったりしますと、あるのです。この前も体重を計ったらなぜかいくらか減っていて、こういったやる気に結び付きやすいタイミングも大切ではないでしょうか。

このページの先頭へ