ニキビケアで洗顔はとても大切!

ニキビケアの洗顔の重要性についてご紹介していきます。
MENU

顔を洗うと肌が乾燥して痛む

ニキビケアでもっとも重要なのは洗顔だと思います。
私は朝晩の二回顔を必ず顔を洗うようにしていましたが、顔を洗うと肌が乾燥してしまい、余計に肌があれてしまいました。

 

しかし顔を洗わないとニキビは悪化してしまうし本当にもうどうしたら良いのかわからないです。
乾燥するなら乳液などの保湿剤をつければ良いと思ってそういう風なものもつけてみましたがどれも肌に合わずこれも肌が荒れてしまいました。
私はニキビが酷いのにニキビに対するニキビケアをまともにする事ができません。

 

本当に悩んでいます。
どこを見ていても肌の極度の乾燥で悩むというような話は見つからず、こんなに乾燥するのは自分だけなんだと絶望しています。
多くの人がそうなるなら何かの解決策が考え出されているはずです。
しかしそれがないのでおそらく私だけなのだと思います。

 

ニキビを治すためのクリームなども肌が荒れてしまうのであまり使う事ができません。
肌が弱すぎてどうしようもないです。
そもそもの肌を頑丈にする方法や商品を作り出してほしいです。
肌荒れやニキビは全てが肌が弱いことに起因していて、逆に肌が強くなればそれだけで全ての事が解決すると思います。
その方法を見つけ出してほしいです。

 

洗顔しすぎもニキビのもと

ニキビと洗顔

ニキビができるということは、今の自分のお肌は脂っぽいということなんだ。つまりそれはきちんと洗顔ができていないってことなんだろうと、ニキビができてしまったら何度も何度も洗顔していました。

 

元々オイリー肌なので尚更洗顔は効果があると思ったのです。皮脂のせいでニキビができているのだから、洗えば洗うだけ綺麗になる。何度も洗えばニキビなんてできないと考えたんですね。我ながら単純な発想でした。

 

一日の洗顔を四回、五回に増やしてみたところ何も変化はありませんでした。洗顔を増やしたところでニキビはできましたし、顔のテカリもなんだか以前より酷くなったような気がして洗顔回数について調べて見たら泣きそうになりましたよ。

 

洗顔って、回数を増やせばいいものではないんですね。
知らなかったばかりにゴシゴシと何度も洗ってしまいました。
何度も洗うことで肌は乾燥して、乾燥したからと皮脂を分泌して逆にニキビができやすくなってしまうらしいですね。肌ってデリケートすぎて難しいです。

 

けれど、ニキビに悩んでいる人はついついやってしまうのではないかと思います。ニキビができるのは皮脂や汚れのせいだから、どうしてもそれさえなければ綺麗な肌になると考えてしまいますよ。
今回気付けてよかったのですが、思わぬ落とし穴だと思いました。

このページの先頭へ