紫外線対策は徹底しましょう!

紫外線対策を徹底することでシミしわを予防することが出来ます。
MENU

車の中で、紫外線にさらされていました。

いつ頃からそこにあったのか分かりませんが、ふと気がついたら顔にシミができていたんです。気がついたのは20代の後半でした。お肌の曲がり角を過ぎてだいぶ経ち、確かに肌の調子がいまいちだなぁと感じていたときでした。だけど、外に出るときにはちゃんとUVケアをしていますし、まさかシミができているなんてと、とてもショックでした。

 

小さなシミならファンデーションなどで隠せますが、わたしのシミは頬の、ほぼ全体にぼんやりと広がっています。それも、右側の頬だけです。なぜだろうと考えて思い当たったのは、車でした。わたしは自分で運転して通勤しています。ほぼ毎日、車に乗っています。その時、窓は右側にあり、日差しも右側から入ってきます。窓はUV加工していますが、窓を開けて運転することもあるので、右側だけが紫外線に常にさらされていたんです。

 

毎日毎日、そんな紫外線にさらされていたら、たとえ強くない紫外線であっても肌に蓄積されるのは当然です。

 

どんなに注意していても、100%紫外線を避けることは難しいです。車の中は、外よりも安心だと感じていたので、これからはもっと注意しなければならないと感じました。出来てしまったシミは、美容液とビタミンのサプリメントで補修中です。

 

小ジワを撃退したい

笑いジワというものがあります。目尻にできる笑いジワは、ある程度年齢を重ねると顔が柔和に見えて良いと思うのですが、20代後半のわたしにも小ジワがあるんです。それも、目尻だけでなく、口元のいわゆるほうれい線の部分です。どちらも目立つ場所です。特に笑うとシワが深くなるので、あまり表情を崩さないようにしなければなりませんでした。

 

シワを気にしだしてから、あまり笑えなくなったわたしを友達は心配してくれましたが、「シワが気になって」というのは憚られて「なんでもない」というしかありませんでした。それからは、ひたすらシワ消しに努力しました。

 

美容液やサプリメントはもちろん、化粧水パックも3日に一度はやっています。友人に聞いた、ヨーグルトパックも初めました。お風呂に入ったときに、市販の無糖のヨーグルトを顔に塗るだけの簡単パックですが、肌がしっとりしますし、毛穴もふっくらしてモチモチになります。お風呂で体を温めながら行うので、代謝もよくなり、美白にも効果的だそうです。

 

シワは、肌のハリがなくなってきたのが原因なのか、パックを繰り返していたら、徐々にシワも目立たなくなってきています。でも、まだまだ、ファンデーションがシワに入り込むこともあるので、油断ならないなと思っています。

 

便利コスメ情報まとめ|プチプラで美人に!!

このページの先頭へ